避妊対策にはピルが効果的【排卵周期を整える効果アリ】

ニュース一覧

健康を維持する

妊婦

母も子も丈夫になる

カルシウムは人間には欠かせない栄養素の一つです。日々工夫をしながらしっかりと体に取り入れていくことが大切です。特に妊婦にとっては重要な栄養素の一つで、積極的に摂取したいと考えられています。それはカルシウムがお母さんと赤ちゃんの体と心を丈夫にする栄養素だからです。お母さんの食事から摂取した栄養は赤ちゃんに運ばれ、お腹の中で成長するのに使われていきます。中でもカルシウムはお腹の中で骨や歯を作っていくための重要な栄養です。他にも赤ちゃんの筋肉や心臓などを形成するのにもカルシウムが必要です。もしカルシウムの摂取量が少ないとお母さんの歯や骨に蓄積しているカルシウムが溶け出し、赤ちゃんが成長するために運ばれていきます。それが長い期間続いてしまうと産後骨が弱くなり、歯にも影響が出てきます。また十分な量が行き届かなければ、赤ちゃんの体にも影響が出ます。つまり赤ちゃんがお腹で成長するためにはもちろん、お母さんがこの先も健康でいられるように妊婦の時期にカルシウムを積極的に取ることが大切だといえます。妊婦が気をつけて十分なカルシウムを取れば、赤ちゃんにも行き届き丈夫な骨や歯になります。そしてお母さんの体も守られます。またカルシウムには気持ちを安定させる効果があるので、妊婦の間も産後もゆったりとした気持ちで過ごせます。赤ちゃんと同時にお母さんの健康を守るために、カルシウムは積極的に摂取したいと考えられている栄養素です。